悪玉コレステロールを下げることで生活習慣病を予防をしよう

悪玉コレステロールを下げることで生活習慣病を予防をしよう

人間の体内には、悪玉コレステロールと善玉コレステロールが存在します。
悪玉コレステロールの数値が高いと、高脂血症や動脈硬化などを発症し、その結果、心筋梗塞や脳梗塞や心臓病や狭心症など生活習慣病になってしまうため大変危険です。これらの生活習慣病の予防のためにも、悪玉コレステロールを下げる努力をしなくてはなりません。そのためには、生活集会の見直しと食生活の改善が必要です。
まず、過度のストレスは万病の元なので、ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。そして、煙草は数値をあげる原因になるので禁煙をしましょう。また、ウォーキングなどの有酸素運動をして適度な運動を心掛けましょう。そして、食生活は多量の飲酒や糖質や脂質の摂り過ぎは控え、悪玉コレステロールを下げる効果のある食事を心掛けましょう。
中性脂肪値を下げる効果のあるDHA・EPAが豊富な青魚や、オメガ3脂肪酸が豊富なえごまオイルやナッツ類や、ナットウキナーゼが含まれる納豆などを、普段の食生活の中で上手く取り入れると効果的です。しかし、食事だけで一日の必要量を摂取するのは難しい時があります。特にDHA・EPAを食事だけで摂取するのは困難です。しかし、サプリを取り入れればバランス良く摂取できるようになります。DHA・EPAだけでなく、アスタキサンチンやナットウキナーゼなどが含まれるサプリも効果的です。このように、生活習慣を見直して食事を改善し、サプリを上手に取り入れれば、悪玉コレステロールを下げることが出来るので、生活習慣病の予防に繋がるのです。